ガン患者は健康人の2倍食べる

ガン細胞の戦いに勝つためには、後方支援となる補給が重要となります。


補給が止まってしまうと、ガン細胞と戦う免疫細胞の個数が少なくなったり
いなくなってしまう事に繋がりかねません。


『ガン患者は健康な人の2倍食べる』と言う見解がありますが、私もそう思う一人です。


ガン細胞に栄養を取られっぱなしでは、成す術は無いと思います。


毎日の食事はそれだけ重要となります。


私はガンと闘う闘病生活は、身体の免疫力を高める事だけを考え、
『食べられるものはなんでも食べる』を基本としてきました。


時には嫌いなものも我慢して食べたり飲んだりしました。


そしてまた、口に入れる時、
『これを食べればガンは治る』 『これを飲めばガンは治る』と
自分に言い聞かせ闘病生活を送っていました。


そしてもう一つ重要な免疫、【心】も忘れてはいけません。

『病は気から』という諺がありますが、『気は心』とも言われます。


【心の免疫】もとても重要な事だと思います。





『ガン細胞VS免疫細胞』トップ






サブコンテンツ

TV出演させて頂きました

2013年10月26日(土)、【生きるを伝える】(テレビ東京)に出演させて頂きました。

TV出演の様子はこちら

克服後の日常生活を徒然に…

■お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆
ご意見・ご感想・ご相談のメールを一日数件も頂けるようになりました。
多くの方に読んで頂けてとても嬉しく思っております。

私の経験がお役に立つのなら分かる範囲でお応え致します。
お待ちしております。

◆メールはこちらです。◆

実兄の闘病記(胃がん末期)

1999年(平成11年)7月に胃がんの末期で亡くなってしまった私の実兄の闘病生活を記憶の限りお伝えします。

実兄の闘病生活(胃がん末期)


デザイナーフーズリスト(ピラミッド)

末期がんからの生還

■闘病記はこちらから!

約1年半にわたる、私の闘病記はこちらからご覧下さい。

闘病記時系列年表


このページの先頭へ